競売が決まっていた物件を短期間で相場より高い金額で売却をすることができた。

10年ほど前に母が体調を崩して入退院を繰り返すようになり、私の給料だけでは生活が困難になって消費者金融などから借金をしていました。私の性格から消費者金融への返済はたまに遅れる事もありましたが、生活はギリギリのところでまわっている状態でした。

そんな金銭事情を抱えた私でしたが、長年付き合ったきた彼女と結婚をすることとなり、5年前に大手マンション販売会社から郊外に2900万円のローンを組んで新築物件を購入しました。

今、振り返って考えてみるとかなり高い買い物だったのかもしれません。そんな高額な返済を私の年収だけではローンが組めなかったため、妻の年収と合算してどうにか銀行の審査が下りて借り入れすることが出来ました。

マンションに住み始めた当初は、お互いに協力をしてローンの返済をしていたのですが、価値観の違いが少しずつ生じて、ついに離婚をすることになってしまいました。

私が別の場所に賃貸でアパートを借りて生活をして、元妻がそのままマンションに残りました。
離婚をして別居もしたことで、私の生活費もさらに上がって、また消費者金融から借入をすることになっていました。気が付くと月収の約70%が返済額となり、ローンが支払えなくなって銀行から競売にするという通知が来てしまいました。

そんな時にインターネットで見つけた、任意売却期間.comにすぐに相談をすることにしたのです。私の希望は元妻が今もマンションに住んでいるので、彼女のために引っ越し費用を確保したいという事と、なんとか今の状況を改善したいというものでした。

既に競売が決まっていたため、当初は任意売却できる期間が短いから難しい案件、と言われていましたが、任意売却期間.comさんの販売網と経験を駆使して、相場より高い金額で売却することが出来ました。また、私の要望の通りに引っ越し費用も確保することできて私、元妻ともに満足をしています。

このたびは急な依頼にも関わらず、迅速に対応をして頂きましてありがとうございました。